【こんなこともある?】芸能人のお客様を担当させていただくことに・・・。

スポンサーリンク

おはようございます。

五黄土星のミカエルです。

また税理士事務所のお話になってしまいますが、先週、筆者は、とあるお客様の御紹介で、標記のとおり、芸能人のお客様を担当させていただくことになりました(詳細、あるいは、個別具体的なことにつきましては、控えさせていただきます。悪しからず御了承願います。)。

めっちゃ意外でした。

と申しますのも、当ブログを御覧くださる皆様には、お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、筆者自身は、不動産関係に強い(自分で言うてまうところが・・・(笑?)。)税理士事務所職員という自負があるためです。

実際、日常業務におきましても、不動産に纏わるものが多い傾向にございます。

それだけに、芸能人のお客様というのが、何とも新鮮なようでありつつも、翻って相当に意外でもございました(今回、御縁を頂戴した芸能人のお客様は、相応の存在感と華やかさをお持ちの方でいらっしゃいます。「オーラ」等という、ごくありふれた表現を用いたくないような雰囲気です。流石です。)。

今回は、上述のとおり、筆者が既に担当させていただいております、とあるお客様からの御紹介ということで、一つの御縁を頂戴したことになります。

実は、一旦、他の税理士事務所を御検討なさったそうなのですが、とあるお客様からの御紹介で、既に筆者の勤務先でございます税理士法人のお客様になってくださっていたお客様から、さらなる御紹介ということでお話をいただき、筆者が担当させていただくことになった、という経緯でした(税理士事務所と致しましては、このようにお客様からの御紹介というのが最もありがたいお話であろうかと思っております。申すまでもございませんが、それだけの信用、信頼をいただいているからこそ、のことだからに他なりません。)。

しかし、いざ、実際に資料をお預りさせていただきますと、・・・。

いくつか特徴的かと思われるところがございました。すなわち、

  • 衣装等のための支出が突出して多いこと。
  • 多角的に、複数の事業をなさっていること。
  • 案に相違して、個々の事業を大切にしていらっしゃらないように見受けられること。

一つ目は、容易に想像し得ることかと存じます。

二つ目も、それほどイメージできないことでもないように思われます。

筆者的には、三つ目がかなり意外でした。そのことを感じさせることと致しましては、経理資料の状況を挙げることができようかと思います。

そうなんです。

領収書、請求書、銀行関係の書類、各種契約書、等々、かなり乱雑に取り扱われたことを窺わせるような状態でのお預りとなったわけでございます・・・(白目)。

恐らく、御本人の中では、可能なところで整理してくださったんやろうなぁ、ともお見受けさせていただくこともできるのですが、「それにしてもなぁ、・・・(汗)。」というイメージでした。

筆者自身、プロフィールでも記載させていただいておりますとおり、「企業経営のサポーター」を自認させていただいており、やはり、事業に取り組まれている経営者の皆様には、御自身の事業を大切にしていただきたい、との思いが強いです。

そして、筆者は、「事業を大切にしているかどうか」、そのことを端的に知ることができる要素、要因と致しまして、経理資料の取扱を挙げることができるように考えている一人でございます。

それだけに、今回の芸能人のお客様に係る業務につきまして、多少なりとも複雑な心象を抱いてのことにもなってしまいましょうが、折角、頂戴した御縁でもございますので、まずは、一つ一つ、しっかりと取り組ませていただこうと考えている次第です。

因みに、上述の二つ目につきまして、このお客様からは、ある種のビジネスマッチングの御依頼もいただいておりまして、こちらの方は、筆者ではなく、上司の方で顧問先、提携先等を検討させていただくことにもなっております(筆者自身の理解と致しまして、このような御依頼に込められたお客様の思いや願いは、必ずしも「事業を大切にする」こととイコールではない、といったものになります。)。

今回、いつもと異なるお客様につきまして、お伝えさせていただきましたが、これからも、特殊なお客様、あるいは、少しイレギュラーな業務につきましても、「税理士事務所あるある」の一面と致しまして、折に触れ、お伝えさせていただければ、と思っております。

では、また。

タイトルとURLをコピーしました