【クールビズにはならへん?】オールシーズン用のベストを購入しました。

スポンサーリンク

こんばんは。

五黄土星のミカエルです。

本日、令和2年5月2日(土曜日)、標記のとおり、筆者は、オールシーズン用のベストを購入致しました。

申すまでもございませんが、今月以降、クールビズが実施される会社、事業所等も多いのではないでしょうか(現在の筆者の勤務先でございます税理士法人では、今月から9月までがクールビズの実施期間とされております。)。

また、当然、多くの御家庭におかれましても、この連休を活用なさったりして、衣替えも行なわれようかとも拝察させていただいております。

が、・・・。

筆者は、また五黄土星の悪い一面かもしれませんが、天邪鬼的にオールシーズン用のベストを購入させていただいた次第です(筆者の場合、秋冬用のスーツも3ピースで、3組持っておりますので、そのベストを使い回し、といったこともできなくはないのでしょうが、これから真夏にかけて益々暑くなっていく季節に秋冬用のベストって、いくら何でも暑すぎるような気が致しまして・・・。「何の我慢大会やねん(爆)。」みたいな・・・。)。

これは、実は、現在の税理士法人に勤務させていただくようになってから、一度だけパウチの面板から排泄物が漏れてしまう失態をやらかしたからなのです(お恥ずかしいお話ながら・・・。)。

そのときは、珍しくほんまに焦りました(「しもた(汗)。」どころの騒ぎでなく、我ながら顔が強張ってしまっていることをはっきりと意識できたくらいでした。)。慎重を期し、筆者は、通勤用の鞄(例のバーマスの鞄です(笑)。)にニチバン社製の「ホワイトテープ」(ガーゼや包帯を固定したりする際に用いられるものです。)を絶えず携えており、それで決壊したパウチの面板の該当箇所を補強して、その日を何とか過ごしました(その日のベスト及びスーツのスラックスは、流石にクリーニング屋さんに出しました。)。

そのため、クールビズだから、と申しましても、上に何も羽織ることなく、カッターシャツや開襟シャツのみで出勤したり、ましてやお客様のところにお伺いさせていただく、とか、筆者には全く想像できないようになってしまいました。

そこで、いつまたパウチの面板が決壊してもよいように、ベストだけでも身に着けておきたい、ということなんです(さらに、秋冬物でなく、といったことでもございます。)。

こればかりは、筆者と同じように、永久ストーマを増設なさり、日常的にパウチ交換をしていらっしゃる人でないと御理解いただけないのではないでしょうか(筆者が大変神経質な性格でありますことはさておくものとさせていただき・・・。)。

因みに、購入致しましたのは、「洋服の青山」です(笑)。筆者自身、それなりにきちんと紳士服(高級紳士服ではございません(断言)。っていうか、一庶民の筆者には、高級紳士服なんか買えません(涙;お金が・・・。)。)を買いたいな、と思います際は、大阪時代からずっとそうなのですが、基本的に、「洋服の青山」と決めさせていただいております(異論、御批判等は甘んじて受けさせていただきます。)。

あと、組み合わせ可能なスラックス及びカッターシャツ(もちろん、いずれも夏用です。)も購入しておきました。実は、筆者自身は、夏用のスーツとカッターシャツの組み合わせを2組だけしか持っておらず(涙)、ものすごく汗っかきの筆者(小太りやから?)にとりまして、2組では心許ないような気がしたからです。

スラックス3本とカッターシャツ3枚、それに、今回のベストがありましたら、在宅勤務の日が多いこともあり、面倒がらなければ、しばらくの間は、何とか乗り切れそうです(オールシーズン用のベストは、緊急事態宣言が解除されて、また普通に出勤するようになりましたら、追加で購入せなあかんのかも・・・。しかし、背が低いのに、腹回りだけ大きいというずんぐりむっくりな筆者の場合、体型にフィットするサイズがなかなかに・・・(汗)。まぁ、痩せなあかんということなんでしょうね・・・。)。

報道、ニュース等で報じられておりますとおり、やはり緊急事態宣言は延長されるようで、クールビズの開始時期とも合わさって、TPOへの配慮やコーディネート等が難しかったりも致しましょうが、当ブログを御覧くださる皆様におかれましても、例年以上に高いストレスとの戦いも余儀なくされるはずでございましょうから、御自身のお仕事に相応しいものではありつつも、1日を快適に過ごしていただけるような装いを御検討いただければ、と思います。

では、また。

注:この投稿に出て参ります商品等及びその名称は、各社の商標または登録商標です。

タイトルとURLをコピーしました