【再】転職の指名を辞退させていただきました。

スポンサーリンク

こんばんは。

五黄土星のミカエルです。

今週、平成30年9月3日(月曜日)、そして、本日、9月7日(金曜日)、また転職の指名を頂戴することができましたが、甚だ恐縮ながら、今回も、2件とも辞退させていただきました。

月曜日に指名をいただいた税理士事務所につきましては、かなり迷いましたが、結局、以前の投稿(【続】転職の指名を辞退させていただきました。 )で記載させていただいたのと同じ理由で辞退させていただきました(つまり、事務所としての規模が小さいことです。尚、それにしましては、代表者の方(公認会計士です。)が出版物を多く出されているようで、そのため、筆者は、迷ってしまうことになりました(汗)。)。

また、本日、指名をいただきました税理士事務所につきましては、税理士の有資格者であることが条件になっておりますところ、筆者は、税理士資格を有しておらず、条件に合わないことが理由となりました(該当の転職サイトには、筆者は、かなり詳細に登録情報を記載させていただいておりますが、どうやらあまり熱を入れて筆者の登録情報を読まれなかったのではないか、という懸念もございます・・・。そんな税理士事務所って、多少なりとも心配になってしまいますよね(笑)。結果的に、ということではございますが、即日での辞退となりました。)。

上述の投稿よりさらに前の投稿(転職の指名を辞退させていただきました。 )でも記載させていただいたとおり、筆者自身、上記の転職サイトにおきまして、大腸全摘手術を受けて永久ストーマを造設し、身体障害者になったこと、あるいは、その手術の原因ががんであったこと等、登録情報として率直に記載させていただいております。そのような条件の中にあり、それでも指名を頂戴することができることにつきましては、本当にありがたいことであると受け止めさせていただいております。

筆者としましては、今は、抗がん剤治療に専念したい、という気持ちもあって、余程条件的に合わなければ、指名をお受けさせていただくことはないものと考えてはおりますが、いつか、然るべき税理士事務所との間で、御縁を頂戴することができれば、と期待させていただいております。

今の時代、「働き方改革」ということもクローズアップされており、人により、どのような仕事、どのような職業が適しているのか、判断が決して容易でない環境になっているようにも拝察させていただいております。そのような困難な状況にあり、転職を検討されている人におかれましては、御自身の長所、短所を改めて冷静に分析され、より高いレベルでマッチングされた転職を実現していただきたいと思います。

では、また。

タイトルとURLをコピーしました