休止していた転職サイトへの登録を更新しました!

スポンサーリンク

おはようございます。

五黄土星のミカエルです。

以前、筆者は、とある転職サイトに登録させていただいていることをお伝えさせていただいておりました。

また、別の投稿の中で、筆者自身、御蔭を持ちまして、無事に税理士試験に合格できた旨もお伝えさせていただきました。

実は、現在、契約社員として勤務させていただいている税理士法人への転職が決まった後、上述の転職サイトへの登録を休止にさせていただいておりました(それくらい嬉しかった、ということでございます。)。

が、・・・。

当ブログを御覧くださる皆様におかれましては、何となく察しておられるかもしれませんが、今の筆者は、実態と致しましては、税理士有資格者としての待遇を受けることができておりません。

当然のことながら、契約社員という身の上ですので、雇用条件や待遇、あるいは、それに伴う業務内容の変更等につきましては、雇用契約書の更新手続における交渉の結果次第ということになるのでしょうが、「それにしても、・・・。」ということなんです。

逆に、筆者の方も、現在の税理士法人の中でこのまま頑張ることに果たしてどれだけの価値があるのか、かなり迷ってしまっている、というのが偽らざる心境です(身体障害者であり、また、がんサバイバーでもあります筆者に対して、上司が大変気を遣ってくださっていることを差し引いたとしても、といった趣旨です。)。

そんな状況の中にあって、標記のとおり、筆者は、迷いに迷った挙句、転職サイトへの登録を更新することに決めました!

もちろん、税理士有資格者として、でございます(以前は、税理士試験科目合格者という登録内容でした。)。

何故、このタイミングなのか、につきましては、上述の雇用契約書の更新手続との兼ね合いということになります。

すなわち、今の筆者の雇用契約の有効期間は、令和4年9月30日までとなっており、その更新手続の結果、雇用契約書が更新されないことになってから転職活動を再開するという対応では、余りにも遅すぎる、といった判断でございます(半年とか、あっという間ですし、・・・)。

また、被告税理士の税理士事務所に勤務しておりました頃、税理士変更のための営業活動にも従事し、その中で税理士紹介会社の社長様から非常に御厚誼をいただいており、補助化学療法としての抗がん剤治療から被告税理士との訴訟へ至る間も含め、現在まで、折に触れ、やり取りを継続中でございます(この社長様は、筆者が税理士試験合格の御報告をさせていただいたとき、ものすごく喜んでくださいました。筆者自身、滅茶苦茶ありがたかったです。もちろん、この社長様の方は、御自社の営業活動への効果、影響等も織り込みつつ、喜んでくださったわけでございますが・・・(汗?or笑?)。まぁ、経営者の皆様は、ちゃっかりなさっておられます・・・。)。

そのため、この社長様にもお声掛けをさせていただく予定でございます(転職でなく、独立開業になってしまうのかもしれませんが・・・(税理士紹介会社のお客様として・・・?爆?)。

筆者は、残された現役生活の時間等にも鑑み、選択肢は1つでも多くしておきたい、という思いでもございます。

当ブログを御覧くださる皆様の中で、転職をお考えの方がいらっしゃいましたら、必ず在職中から御用意していただきたく、投稿させていただいた次第です。

筆者自身、どのような結果になりましても、また御報告させていただくように致します。

では、また。

タイトルとURLをコピーしました