契約社員としての勤務を始めることができました!

スポンサーリンク

こんばんは。

五黄土星のミカエルです。

今週、令和2年4月1日(水曜日)、標記のとおり、御蔭をもちまして、特段のトラブル等もなく、ごく普通に契約社員としての勤務を始めることができました。

筆者が多少なりとも懸念しておりましたのは、現在、日を追うごとに大変な騒ぎとなっております新型肺炎に纏わる世間の動向です。

筆者自身も、当初、4月1日(水曜日)からの契約開始の予定が「未定(笑?)」にされてしまうのでは、といった心配が全くなかったわけでもございませんでした。

しかし、何とか無事に、確定申告期のためのアルバイトとしての勤務を開始するに際して締結致しました雇用契約書のとおり、契約社員としての勤務も始めることができた次第です。

既に何度かお伝えさせていただいておりますとおり、筆者は、2月17日(月曜日)以降、確定申告期のためのアルバイトとしてスタートさせていただいて、申告期限が延長されます前の当初の申告期限でありました3月16日(月曜日)の翌日以降、一般的なアルバイトとしての勤務を継続させていただいておりました。

この間、勤務開始に先立って、税理士法人に事前にお伝えさせていただいておりました欠勤予定、遅刻予定、早退予定の日以外、一日も欠勤したり、遅刻したり、早退したりすることなく出勤し、業務をさせていただいておりましたので、「多分、大丈夫やろ(確信)。」等と思っていつつも、どこか頭の片隅で、心配が消えない感じもございました。

いざ通り過ぎてみますと、特段、何も目新しいこともなく4月1日(水曜日)を迎えることになってしまいましたが、それでもやはり気が引き締まります。

一応、勤務時間が少しだけ変更となり、アルバイトのときは、午前9時からの業務開始でしたが、契約社員になりますと、正社員と同じく午前8時50分からの業務開始となります(朝の10分って、大きい?)。

ただ、筆者は、通勤電車の混雑を避けたく、かなり早く勤務先の税理士法人がございます最寄駅に到着するように出勤しておりましたため、自宅を出る時刻に変更はございません(初めの頃、案に相違して通勤が精神的に苦痛であるようにも感じましたが、流石にもう慣れました(笑)。)。

業務内容につきましても、申告所得税のための業務はひと段落しており、徐々に法人税や消費税に係る記帳代行、あるいは、月次決算、ないし、確定申告といったところに軸足が移って参ります。

始めのうちは、件数を限定してくださってはおりますものの、お客様を担当させていただく予定もあり、名刺も作成していただきました(本当に久しぶりの名刺です。一際嬉しかったです。)。

因みに、最終面接のときは、代表者より、筆者に対する評価と致しまして、「レベルが低い」との御判断をいただくこととなり(涙)、難易度の高い、あるいは、規模の大きいお客様を担当させていただくことはないようにも伺っておりましたところ、そうでもなさそうな様子で、筆者自身は、少し心配しております・・・(汗;また例により、早くも緊張?)。

まぁ、組織的な対応ができ得る規模の税理士法人でございますので、できる限りのところまで努力させていただくしかあらへんな、とも・・・(筆者の能力不足等が原因で、お客様からNGをいただくことになると致しましても、代わりに担当していただくことのできる職員も多く在籍しておりますので・・・。五黄土星らしさの片鱗は、どこへやら・・・。)。

あと、就業規則の説明も受けることができました(笑)。筆者が不当解雇等で訴訟を継続しております税理士事務所と大きく異なっております(世間の一般常識に照らしますと、当たり前のことでしかないのかもしれませんが・・・。)。

一応、正社員へのルートも御説明いただきました。こちらも、希望を抱くことができて、よかったです(いくつか用意されている正社員へのルートの中に、「試験」というものもあり、若干、気になったり致しました。その他にも、ルートが用意されているようですから、筆者と致しましては、「試験」を避けつつも、正社員へのルートを模索致したく・・・(笑)。ただ、そう致しますと、今度は、五黄土星が最も苦手とするはずの、周囲との協調性や上司からの推薦といった面が評価の対象となるようであり、これはこれで、意外に難関かも・・・(汗)。)。

今は、まず、雇用契約書に記載されております6ヶ月間、しっかりと業務に励んで、税務関連のみならず、多種多様な書類の作成、お客様からの色々なお問い合わせ、事務所内で依頼されます個別的な作業(資料の整理、会計入力、その他諸々です。)等に対しまして、一つ一つ丁寧に仕上げて参りたく考えております。

でき得るならば、なるべく早く正社員に、とも思いますが、五黄土星の欠点でもございます、力が入り過ぎますと、周りの人に悪影響を及ぼしてしまう一面もあり、期待とは裏腹の結果を招きかねないように思います。

なるべく自然体で、無理はせずに、CT検査の日とその結果を教えていただくための通院の日以外、欠勤、遅刻、早退等をすることがないように勤務できますことを当面の目標に取り組んで参ります(結果は、後から付いて来る?)。

当ブログを御覧くださる人におかれましても、どうしても目先のことを心配せざるを得ないようなお気持ちは受け入れていただきつつ、なるべく少し先の将来のイメージも想定なさるように努めていただいて、先行きの不透明なこの難局を乗り越えていただきたく思います。

筆者自身のこの契約社員としての勤務につきましても、また何か変化等がございましたら、お伝えさせていただきます。

では、また。

タイトルとURLをコピーしました