【また?】弁護士の先生って、大変なんですかね・・・。

スポンサーリンク

こんばんは。

五黄土星のミカエルです。

現在、不当解雇等で勤務先を相手取り、絶賛遂行中でございます訴訟につきまして、実は、今週、お打ち合わせのため、弁護士の先生の事務所にお伺いさせていただきました。

先月の口頭弁論期日におきまして、被告が反論してきたことに対応するための方針を協議していただくためです。

が、冒頭、ショッキングな事実が・・・。

以前の投稿(【超絶悲報】弁護士の先生が退職されます・・・。 )の中でお伝えさせていただいたことがございますが、今回、また弁護士の先生が退職される、とのことでした・・・(涙)。

それも、今月限りだそうです。

そのため、後任の弁護士の先生にも同席していただいてのお打ち合わせとなりました(ベテランのような雰囲気をお持ちの先生ではいらっしゃいました。)。

そして、本題に入るに先立ち、後任の弁護士の先生からは、今後の訴訟の見通しについてのお話がございました。

率直に申しますと、和解するかどうか、ということでした。

筆者は、あくまでも判決を求めます、と回答させていただいたのですが、後任の弁護士の先生は、そのとおりに進めることができるかどうか、不確定要素が含まれそうなことを仰っておられました(結局、「お金と時間との相談」ということらしいです(汗)。日本の裁判制度の特徴?)。

そんなことも重なって、気持ちが「どよーん」となってしまうテンションに陥ってしまう中にありながらも、弁護士の先生からの確認や質問にきちんと回答させていただいて、事前に御用意させていただいた資料をお渡しさせていただきました。

被告は、筆者が「治癒」してはおらず、大腸全摘手術前に担当していた通常の業務を行なうことができる程度には回復していなかった、とか、フレックスタイム制が採用されており、未払残業代は発生しない、といった主張を相も変わらずしておりました。

この点、順番が前後してしまったのですが、筆者は、まず、フレックスタイム制が採用されていなかったことを示す証拠をいくつかお渡しさせていただきました。

また、「治癒」につきましても、被告が「文書送付嘱託申立書」で入手したと思われる医療記録の中から証拠として提出してきたものへの反証としたい資料をお預けさせていただきました(証拠と致しましては、弱いのかもしれませんが、退院当時の様子、ないし、状況が分かる資料です。)。

尚、後任の弁護士の先生は、「治癒」につきまして、被告が証拠として提出してきたものを御覧になり、被告が「文書送付嘱託申立」を実行したにも拘らず、有効な反証や反論はできていない、といった心証をお話しくださいました(油断してもいけませんが・・・。)。

気持ちが落ち込んでおりました中で、少しだけ安心できそうな瞬間でした。

上記のような経過を踏まえて、来月の口頭弁論期日に提出されるべき準備書面の作成を進めていただくことになり、今回のお打ち合わせは終了となりました。

いよいよ山場に向かっていく、という局面での弁護士の先生の退職で、少なからずダメージがありそうな予感(不安?)も感じている次第です(引継とか、大丈夫なんやろか?)。

ここは、様々な紆余曲折に見舞われる中にありましても、五黄土星らしさを発揮しながら、何とか立て直したいところです(五黄土星特有の、土壇場からの底力or真骨頂?)。

この訴訟の今後の経過につきましては、またお伝えすべきことが出て参りましたら、改めて御報告させていただきます。

では、また。

タイトルとURLをコピーしました