【要確認?】基本手当日額が少しだけ増えました・・・。

スポンサーリンク

こんばんは。

五黄土星のミカエルです。

昨日、令和元年5月7日(火曜日)のことながら、認定日ということで、ハローワークに伺って参りました(10連休明けの認定日って、少しでも気を抜いてしまいますと、寝坊してしまったり、失念してしまったりしそうですよね・・・(汗)。)。

失業の認定に纏わる手続そのものは、何ということもなくスムーズに進みましたが、雇用保険受給資格者証とともに、次回用の失業認定申告書を受領する際、御担当者様から、標記のとおり、基本手当日額に変更があった旨、教えていただきました。

と申しましても、5円増えただけですが・・・(笑)。それでも減らされることから致しますと、ありがたいことでもございます(ただ、下記のとおり、その理由が毎月勤労統計調査の件にあると致しますと、むしろ当たり前のことかも?)。

尚、この変更は、どうやら毎月勤労統計調査の件に関連してのことのようです。この点、御参考のため、厚生労働省のサイトにおける該当リンクを下記に記載させていただきます。御自身にも関係するかもしれないと思われる人におかれましては、是非御参照いただければ、と思います。

現在、雇用保険の基本手当等を受給している皆様へ

因みに、以前の投稿(【残念?】給付制限の対象になりました・・・。 )でお伝えさせていただきましたとおり、筆者自身は、3ヶ月の給付制限にかかってしまいましたため、初回となります今回から対象になることになった次第です(ようやく失業保険を受給することができます(一安心)。しかし、今回は、通常の28日分ではなく、半分の14日分のみです(涙)。3ヶ月って、ものすごく長いのに、初回は、半分だけとか、ほんまに勘弁していただきたいです・・・。)。

また、もう少しの間、「確認書」は提出せず、求職活動をしなくても失業保険を受給できる状況にしておきたいとも考え、今回は、認定日の手続のみとさせていただきました(訴訟の経過、推移、見通し等を勘案しながら、現在の「仮給付」から実質的に「本給付」と同等のものへと切り替えるべきかどうか検討したい、という趣旨です。五黄土星って、まるで限界を考えていないかのように豪胆でいながらも、このような細心の慎重さを持ち合わせていたりもします・・・。関わり合いがおありの人から御覧になりますと、かなり接しにくい存在かも・・・(笑)。)。

もし、訴訟を巡る状況等に鑑み、「確認書」を提出する結論に至りましたら、改めて御報告させていただくように致します。

では、また。

タイトルとURLをコピーしました