【かなり心配】大島康徳氏の御病状ですが、・・・。

スポンサーリンク

こんばんは。

五黄土星のミカエルです。

ここのところ、筆者は、標記のとおり、元プロ野球選手でいらっしゃいます大島康徳氏の御病状が急に気になり始めております。

先月末日頃は、まだ全然お元気そうな御様子でもあり、インターネット上でニュースを拝見させていただいておりましても、「大丈夫そうな感じやな。」という印象でしたが、今月に入って以降、急に状況が違ってきたようにも感じられるためです。

筆者の場合と異なり、大島康徳氏の大腸がんは、御自身が公表された当時、既にステージ4でしたし、肝臓にも転移している、という進行状況でした。また、新たに公表されました腹水のことも、これまでのところ、筆者には起こっていない事象でもございます。

先週後半には、また入院なさったようであり、決して御病状が思わしくないようでもございます。

大島康徳氏は、元プロ野球選手ということもあり、相当に鍛えられた身体を有していらっしゃるのでは、とも拝察させていただいており、主治医の先生の御見解、御指導に沿い、治療、療養に専念なさることが最重要ポイントになるのかな、といった思いでございます。

大島康徳氏の場合は、近くに御家族がいらっしゃるわけでして、筆者のように孤独を感じながらのことではないのかもしれませんが、御家族の胸の内等が気になってしまい、却って辛いお気持ちを抱きながらの闘病になっていらっしゃるようにも拝察させていただいているところです。

是非ともこの闘病を乗り越えていただきたく思います。

久しぶりに大腸がんの話題で投稿させていただきましたが、筆者自身、今月、半年ぶりにCT検査を受診したばかりでもあり、タイミング的に、非常に気になってしまった次第です(まだ検査結果の資料は頂戴できておりませんが、病院から、何も連絡がないところから致しますと、恐らく、問題なかったのでは、と楽観的に受け止めさせていただいてはおります。ストーマ外来につきまして、相当に間が空いてしまったこともあり、後日、受診の予約をいただいており、その際に、CT検査に係る検査結果の資料も受領させていただく予定です。)。

実は、筆者は、現在の勤務先であります税理士法人に契約社員として入社させていただいて以降、通院の日以外、特に欠勤等もせずに働かせていただくことができているためもあってなのか、少し安心し、油断してしまっているようでもあり、食生活への配慮が疎かになりつつある自覚もございます(大腸がんだけに限らず、実は、食生活って、日常的で、最も基礎的な治療、療養に該当するものであるようです。)。

この点、大島康徳氏の闘病に思いを致し、「大腸がんとの闘いは、これからも続くんや。」と引き締め直して参ります。

筆者と同様、大腸がんではないに致しましても、がんサバイバーとして闘っていらっしゃる皆様におかれましては、主治医の先生とのコミュニケーションをしっかりと堅持されながら、これからも大過なく、日々、充実した毎日をお過ごしになられますようお祈り申し上げます。

では、また。

タイトルとURLをコピーしました