【心配】堀ちえみさんが口腔がんを公表されました・・・。

スポンサーリンク

こんにちは。

五黄土星のミカエルです。

本日、平成31年2月19日(火曜日)、またいつものように、インターネット上で色々とニュースを拝見させていただいておりまして、大変ショックを受けたニュースがございました。

標記のとおり、タレントの堀ちえみさんが口腔がんを公表された、というものです。

堀ちえみさんは、筆者より1歳年上でいらっしゃいますが、筆者の主観的な感覚と致しましては、同世代という認識です。

その堀ちえみさんが口腔がんを患われて、しかも、ステージ4ということで、非常に心配な病状でおられるようにもお見受けさせていただきました(ニュースを拝見させていただいておりますと、当初は、がんという診断はなく、そのため、対応が遅れ、がんのステージが進行することになってしまわれたようです。この点、やはりがんという病気につきましては、早い段階での発見が重要であることを改めて認識させられることとなりました。)。

筆者の場合は、大腸がんであり、また、ステージもⅢbということで、部位も病状も異なっておりますが、がんという病気を経験した者であることに変わりはなく、まるで我がことのような思いで上記ニュースを拝見させていただきました。

尚、手術は、2月22日(金曜日)に行なわれるそうで、筆者は、自身が大腸全摘手術を受ける日の朝、不安でありつつ、それでいて、お医者様を信じるしかない、といった考えと同時に、諦めにも似たような気持ちも芽生え、何とも言葉に表現できない感情に包まれていたときのことを思い出しました(筆者の場合、大腸全摘手術を受ける時点では、ステージが判明しておらず、その分だけ、まだ不安が抑えられていたのかもしれません。)。

ただ、堀ちえみさんの場合、御主人やお子様もいらっしゃることもあり、不安の大きさは、筆者と比較にはならず、かつ、御自身の不安と同じか、あるいは、それ以上に、御主人やお子様に対する様々な思いも抱えていらっしゃるのでは、とも拝察させていただいたりしております。

このニュースを御覧になられた多くの人におかれましても、同じ思いかとも思われますが、今は、心静かに手術の成功をお祈りさせていただきます。

また、筆者自身は、がんという病気を経験した一人と致しまして、堀ちえみさんが手術を乗り越えられた後も、引き続いて、見守らせていただきたく考えております。

では、また。

タイトルとURLをコピーしました