「日常生活用具給付申請書」を提出しました。

スポンサーリンク

おはようございます。

昨日、令和元年6月11日(火曜日)、標記のとおり、福祉事務所にお伺いさせていただき、「日常生活用具給付申請書」を提出させていただきました。

これは、例えば、筆者のように永久ストーマを造設した身体障害者(4級)が装具類の購入費用を練馬区から補助していただくための手続になります。

今回は、令和元年8月以降の補助のための申請でもございました。

補助していただくことのできる額は、月額ベースで8,858円で、大変ありがたい制度です(筆者のような消化器系の装具ではなく、泌尿器科系の装具の場合は、月額ベースで11,639円です。)。

因みに、福祉事務所からお知らせが届きましたのは、先週末のことで、ちょっと気を抜いてしまいますと忘れてしまいそうになるような微妙な提出期限が設定されておりました(笑)。

筆者的には、絶対に提出が遅れてはならない補助制度ですので、昨日、郵便ではなく、直接、福祉事務所までお伺いさせていただいた次第です。

窓口で御担当者様に受理していただくだけのあっけない手続でもございました(笑)。こんなにも簡潔な手続で、上述のとおり、月額ベースで8,858円の補助を受けることができるわけですから、決して面倒がらずに行なうべき手続であるようにも感じました。

ただ、申請書への記入自体につきましては、人によりまして、面倒であったり、あるいは、困難であるように感じられるケースもあるかもしれません・・・。補助を受けることができるための申請書ではありますものの、事前に印字することが可能な項目は印字しておく等、行政側の改善が求められる一面と受け止めることができようかとも思います。)。

尚、以前の投稿(ストーマ外来を受診しました。)の中でもお伝えさせていただきましたとおり、筆者の場合、現状、既に自己負担額が発生してしまっておりますが、令和元年8月以降、装具類の組み合わせを慎重に検討したりして、なるべく自己負担額が少なくなりますよう十二分に留意して参りたく思います。

福祉事務所から同様のお知らせをお受け取りになられた人におかれましても、提出期限に遅れたりされることなく、きちんと御提出いただければ、と思います。

では、また。

タイトルとURLをコピーしました