「虹彩炎」の経過観察に行きました。

スポンサーリンク

おはようございます。

五黄土星のミカエルです。

昨日、平成30年11月26日(月曜日)、随分と間が空いてしまったような気も致しましたが、眼科に行って参りました。その目的は、標記のとおり、「虹彩炎」の経過観察のためです(「虹彩炎」に係る経緯につきましては、以前の投稿(「虹彩炎」の経過観察として眼科に行ってきました。)を御参照いただければ、と思います。)。

本来でしたら、10月中に受診していないといけなかったのですが、勤務先に対する訴訟を提起するための準備等もあり、後回しになってしまっておりました(全然言い訳にはならない?)。

また、問題の右目につきまして、特に気になるような症状を感じることもなかった、ということも理由になるかもしれません(勝手にこのように決めてしまうところが、五黄土星らしさ?)。

しかし、あまり遅れてしまってもいけない、とも思い直し、昨日、かかりつけの眼科に伺った、といったところです。

いつものように、眼圧のチェック→視力検査→検査用目薬の点眼→撮影という流れで、医師による診察を受けるための事前準備を看護師にしていただきました(筆者の気のせいかもしれませんが、視力検査の際、以前に比べ、小さい文字が少し見えやすくなっているような気がしました・・・。まぁ、気のせいなんでしょうね(笑)。)。

その後、待ち時間があって、医師に診察していただきましたが、特段の指摘等もなく、特に異常を感じたりすることがなければ、次回、また3ヶ月後に来てください、というお話で、無事に終了となりました(一安心→この安心って、結構大切です。)。

今の時代であれば、当たり前のことかもしれませんが、筆者は、一日のうちでパソコンやスマートフォンを使用している時間が長く、「虹彩炎」ということではないにしましても、目を傷めやすい生活様式であるようにも自覚しております。

そのような筆者にとりまして、眼科に掲示されております「緑内障」のポスターがものすごく気になっている次第です。そのポスターには、「緑内障」になり、一旦、視野が狭くなってしまうと、失った視野を元に戻すことができない、といったことが記載されているのです。

筆者には「虹彩炎」と「緑内障」との間の医学的な関連性は分かりませんし、仮に、「虹彩炎」と「緑内障」との間に医学的な関連性がないと致しましても、これは、かなり怖い話です。

筆者自身は、身体障害者となり、がんという病気も経験することとなりましたが、まだまだ社会と関わっていたい、といった思いを抱いております。そのためには、視力や視野を適切に維持できていることも大切であり、定期的に眼科を受診し、医学的なチェックをきちんと受けて、目の異常や病気を早期に発見することが重要になるのではないか、と改めて考えているところです。

筆者は、年齢的にも50歳となったこともあり(決して若くない?)、また、右目に炎症等を起こしやすいようですから、特に異常や痛み等を感じなかったら、眼科には行かなくてもよい、といった自己判断をしないように気を付けたいと思います(とか言いながら、五黄土星って、何故か、つい自己判断してしまうところがあるんですよね・・・(困惑)。)。

次回は、平成31年2月の予定ですが、忘れずに経過観察を受けるように致します。

当ブログを御覧くださる皆様も、どうか目だけは大切になさってください。

では、また。

タイトルとURLをコピーしました