【残念】安倍総理、進むべき道を誤ってしまわれました・・・。

スポンサーリンク

おはようございます。

五黄土星のミカエルです。

平成30年12月10日(月曜日)、安倍総理は、臨時国会の閉会を受け、記者会見を開かれました。

が、・・・。

筆者は、ものすごく残念な思いで、この記者会見のニュースを拝見させていただきました。

当ブログの中で、これまでに何度か記載させていただいておりますが、筆者自身は、陰ながら自由民主党を応援させていただいており、また、現在、そのリーダーを務めることができる政治家は、安倍総理だけであると考えております。

それは、言うまでもなく、特定の団体でなく、日本国民全体のためということを常に意識しつつ、政策の立案、実現に邁進してくださる、といった信頼を前提としてのことです。

しかし、今回の臨時国会におきましては、出入国管理法や水道法に係る改正案の審議や採決の状況等を拝見させていただいておりましても、日本国民全体、あるいは、すべての有権者の目線を意識しているとはとても思えない、極めて乱暴なものでした。

陰ながら自由民主党を応援させていただいている筆者にとりまして、大変憂慮すべき経過であり、また、そのような経過から導かれる結果も、当然に残念、かつ、将来に禍根を残すものでした。

他方、野党の姿勢、対応を拝見させていただく限り、これからも自由民主党を応援させていただくことに変わりないことも事実です。

ただ、筆者は、自由民主党に真摯な反省が見られるまで、選挙の際における投票につきましては、自由民主党以外の政党に投票致します(反省を促すための批判票という趣旨になります。)。

この点、筆者の個人的な見方ではございますが、日本国民の独特なバランス感覚に期待させていただいております。結果的に、ということなのかもしれませんが、日本国民全体の総意としまして、今回の臨時国会におけるような極めて乱暴な議会運営を自由民主党が再び行なうことがないよう、絶妙なバランスで自由民主党の議席を減らす判断をされるのではないか、と想定させていただいております。

民主主義社会における対応方法としましては、自ら立候補する、という選択肢もありましょうが、残念ながら、筆者には、その選択肢を実行することのできる条件が備わっておりません(汗)。

そのため、筆者は、選択することのできる方法の一つとしまして、国政選挙、地方選挙を問わず、平成31年以降に実施される選挙におきまして、自由民主党以外の政党に投票させていただき、本来あるべき適正な議会運営が行なわれる環境が生み出されることを期待させていただきます(筆者の中には、たった一票では何も変わらない、という考えはございません。これって、やはり五黄土星的な性格かも・・・。)。きっとそのような環境であれば、障害者、あるいは、がんという病気を経験されたことに伴い、社会復帰に困難を来しておられる人々のことにも配慮された法案、政策の審議がなされるのでは、とも期待致したく思っております。

今回の臨時国会における自由民主党の乱暴な議会運営につきましては、人により、様々な受け止め方をされたのではないか、とも拝察させていただいております。その受け止め方を是非大切にしていただいて、選挙が実施される際には、御自身の思いを率直に投票に結び付けていただければ、と思います。

筆者も、決して後悔しないため、民主主義社会の一構成員として、投票を通じて自らの意思表示を致します。

では、また。

タイトルとURLをコピーしました