「Days Gone」NEW GAME+の難易度SURVIVALⅡもクリア!

スポンサーリンク

こんばんは。

五黄土星のミカエルです。

我ながら、飽きもせず、本当によく遊ばせていただいたように感じますが、本日、令和2年5月10日(日曜日)、標記のとおり、当然にPS4 Proでもプレイできます筆者お気に入り(ほんまか?)の「Days Gone」NEW GAME+の難易度SURVIVALⅡもクリアできました。

NEW GAME+では、1周目のセーブデータを使用し、装備やスキル等が最初からある前提で始めることになっておりますが、筆者自身、1周目でスキル、体力、スタミナ、フォーカスは当然のことと致しまして、コレクションも100%にまですることと決めておりましたため、改めてコレクションをしたりする必要もなく、ミッションに集中することができ、よかったです。

CFP®エントリー研修の受講が終わってからのスタートで(当たり前?)、転職活動があったり、アルバイトとしての勤務が始まったり、ということで、その合間を縫い、ミッションをコツコツとこなしていくようなスタイルでした。

筆者の性格からは非常に考えにくい(笑?)ことながら、NEW GAME+につきましては、難易度HARDからのスタートと致しました(難易度SURVIVALⅡまでクリアできておりましたので、今更難易度EASYとか・・・(爆?)。「Days Gone」をプレイし始めた頃のことを思い出しますと、隔世の感すらございますが・・・。)。

結局、平成31年4月26日(金曜日)の発売日から1年以上経過してしまったことになります。

が、・・・。

筆者の最終結論と致しましては、やはり「あまり『オススメ』はできない。」といったものになります(「1年近く遊んどいてかーい!」みたいなお話かもしれませんが・・・。)。

これは、表現は違えど、これまでに何度かお伝えさせていただきましたとおり、端的には、ゲーム開発者が「オープンワールドというコンセプトをしっかりと理解できていなかった。」ことに集約されるのではないでしょうか。

より具体的には、例えば、下記のような点になります。すなわち、

  • 例えば、主人公がキャンプの外で行動中にクイックセーブやファストトラベル等をしたり、何か行動を起こそうとしたり、あるいは、ミッションを終えたりすると、何故か、必ず敵に出会うことになっている(最も確率が高いのは、狼だったように感じました。)。※筆者の主観的な印象です。
  • 何故か、レイジャーやブレイカーが特定の場所に必ず現れることになっている。
  • 何故か、人質も、特定の同じ場所で囚われている。 等々

筆者の完全なる妄想(また?)ながら、このようなことが発生してしまう原因は、アルゴリズムにあるようにも思われます。

このような単調極まりないアルゴリズムに接して、筆者が真っ先に思い出しましたのは、遥か昔のプログラミング言語でございます「BASIC」(今となりましては、もう御存知ない人の方が多いのではないでしょうか。)で見た「IF~THEN・・・」構文です(筆者の記憶の奥底に埋もれてしまっておりました知識ですので、違っているかも・・・(汗)。)。

これを「Days Gone」に当てはめますと、例えば、「IF ファストトラベル THEN 狼(敵)」という形になったりしようかと思います(単純化しすぎ?)。

そのため、折角のオープンワールドという設定なのに、偶然性やランダム性を感じられない内容になってしまったのでは、といった想定になります。

今の時代にこのようなアルゴリズムしか組み込めていないようでは、お金を出して購入する価値という面に目を向けざるを得ないかもしれませんよね(単にグラフィックが綺麗なだけのゲーム、といった評価とか・・・。)。

筆者的には、ここが「Days Gone」の中で最も残念だったところです。

その他、銃で撃った際の当たり判定がおかしかったり(至近距離で真ん中に当てたのに、当たっていないことになったりします。)、フォーカスモードに入っても、敵が瞬間移動したりして、ほぼ動きが遅くならなかったり、セーブデータの個数に制限があったりもする(筆者の場合は、9個までしかセーブできませんでした。そのため、難易度EASY及びNORMALのセーブデータを上書きすることに・・・(涙)。)こと等も残念なところです。

ただ、これも遠い昔、レーサーレプリカタイプのバイクに乗っておりました筆者と致しましては、やはり自然の中をバイクで走ることができる面には、魅力も感じました。そこが上述の結論の中の「あまり」という表現になります(レースでタイムを競うようなゲームより断然面白いです。)。

また、バグ等は面白かったです。

例えば、既に修正されたようでもございますが、ウィザード島の頂上にある司令部に行く途中に泥だらけになっている箇所があったのですが、そこを主人公が通ろうとした際に、地面が抜け落ち、真っ逆さまに洞窟内部に転落しました。主人公は、「あっ!へはぁっ。はぁあ~。」みたいな声を発しつつ、転落しておりました(笑)。

あるいは、コープランドの「フリーオレゴン」というラジオの中で、「いつ鹿を見たのか思い出せない。」といったセリフが出てくるのですが、その少し前、コープランドは、主人公にライフルの使い方を教えるため、一緒に鹿狩りをしており、「お前、ついこないだ、鹿狩りしとったやんけ。あほなんか(爆)。」みたいなツッコミを入れてしまいました。

逆に、筆者が個人的に怖かったバグもございました。

「仏頂面が見れるとは」というミッションで、敵地に乗り込んだ際、テントが張られている箇所があるのですが、そこの画質が昔のパソコンみたいになっており、「あれっ。」と思いつつ、進んでみましたところ、どんどん天井が低くなり、さりとて、戻ろうとしても戻れなくなってしまう、といったバグがありました。ゲームの中とは申せ、筆者は、かなり怖かったです(こちらは、再起動後、直りました。)。

やはりバグあっての「Days Gone」といったところでしょうか・・・。

因みに、キャンプの外での行動中にスナイパーで狙われたり、路上にロープを張られていたりするトラップが鬱陶しい人におかれましては、オプション→ゲームプレイ→ターゲットトラッキングの感度→0に設定されてはいかがでしょうか。こちらも、筆者の主観ながら、鬱陶しさが改善されたように感じました。

当然、筆者は、(仮称)「Days Gone 2」を期待させていただいておりますが、でき得るならば、上述のようなアルゴリズムは採用しないでいただきたいとも考えております。

あるいは、アルゴリズムが変えられないのでしたら、オープンワールドという設定を止め、「パンデミックで外界から隔絶され、行き場を失ったエリアで戦い続け、生き抜け!」等の設定を御検討いただければ、とも思います(当然に、フリーカーと呼ばれるゾンビ(感染者)を倒せば倒す程、数は減っていくことになります。ここが、現在の「Days Gone」におきまして、いくら倒しても、フリーカーの数が減らない、といった設定と異なるところです。)。

ともあれ、筆者自身は、ようやく「バイオハザード RE:3」へ進むことができそうです。

尚、もし、まだ「Days Gone」をプレイなさっておられないようでしたら、筆者の購入時と異なる「Value Selection」というバージョンも販売されているようでもございますので、一度試してみていただければ、と思います(「Days Gone」は、コントローラーのボタンをフルに使いますので、慣れるまでの間、上手くバイクを走らせることができないかもしれませんが、それも面白かったり致します。頭の体操にもなるかも?)。

では、また。

注1:この投稿に出て参ります機器、ゲームソフト並びにその名称は、各社の商標または登録商標です。

注2:

CFP®、CFP®、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®、並びに、サーティファイド ファイナンシャル プランナー®の各商標は、米国外において、Financial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標であり、FPSBとのライセンス契約の下、日本国内においては、NPO法人 日本FP協会が商標の使用を認めています。

タイトルとURLをコピーしました