【とうとう?】PS3を売却しました・・・。

スポンサーリンク

こんばんは。

五黄土星のミカエルです。

昨日、令和2年1月7日(火曜日)のことながら、標記のとおり、長い間、筆者お気に入りの家庭用ゲーム機でございましたPS3の売却が完了致しました。

このPS3を購入致しましたのは、平成25年7月のことで、何かと思い入れもございました。

そして、今回、PS3の売却に伴い、ゲームソフトも一緒に売却致しました(PS4 Proでは、PS3のゲームソフトは動きませんので・・・。)。

買い取りを行なっていただきましたのは、ソフマップです(今は、ビックカメラグループに属しておられるようですが・・・。筆者がまだ大阪におりました頃、パソコンを自作してみたりしておりましたこと等もあり、よく利用させていただいており、筆者にとりましては、精神的な面におけるハードルが低かったからです。)。

実は、一昨日、1月6日(月曜日)、PS3を携え、お伺いさせていただいたわけなのですが、受付の時点で、PS3本体の査定に閉店近くまでかかってしまうらしい旨、告げられてしまい、その結果、売却代金の受領が昨日になってしまった、という経過でした。

尚、今回、とうとうPS3を売却するという苦渋の(笑?)決断に至りました契機は、下記のとおりです。すなわち、

  1. 過日の投稿(【超絶悲報】結局、パソコンを買い替えざるを得なくなり・・・。 )でお伝えさせていただきましたパソコンの買い替えに伴う4Kモニターの購入(一度、4Kの高解像度とHDRの鮮やかさを経験してしまいますと、もう元には戻れない?)
  2. 4月3日(金曜日)付けの「バイオハザード RE:3」の発売決定

筆者にとりましては、2.が大きいです(爆)。

申すまでもございませんが、「バイオハザード RE:3」は、「ザ・マーシナリーズ」の方にのめり込んでしまった経験もございます筆者にとりまして、拘りのあるゲームソフト「バイオハザード3 ラストエスケープ」のリメイク版になります(本来のストーリーとは異なるところにのめり込んでしまう性格も、五黄土星らしさ?)。

実は、筆者自身は、PS4 Proの購入に合わせて購入致しました「BIOHAZARD RE:2 デラックスエディション」につきまして、無限ロケットランチャーを打ちまくって、既にクリアできており、「バイオハザード RE:3」につきましても、今からものすごく楽しみにさせていただいておりますが、他方、この発売決定によって、「バイオハザード3 ラストエスケープ」のために温存しておきましたPS3が役割を終えてしまうのですから、正に悲喜こもごもといった思いです(無限ロケットランチャーもあり、タイラントは、そない怖くあらへんかったけど、ネメシスは、どうやろ?)。

ただ、大阪時代からの長きにわたり、PS3でゲームを楽しむことができて、本当によかったです。その意味におきましては、PS3は、傑出した家庭用ゲーム機であったと評することができるのではないでしょうか(ええ年こいたおっさんがわざわざ大阪から持って来てしもたことの是非は、少し横へ置かせていただきつつ・・・(汗)。「普通、ゲーム機なんか処分してから東京に来るもんとちゃうの?」みたいな・・・。)。

因みに、査定の中で、やはり経年劣化と申しましょうか、汚れということで、10%の減額を受けてしまいました(涙?or致し方なし?)。

また、売却に際しましては、個人情報のための対応ということもあり、念のため、一旦、初期化を実行致しました(ハードディスクの容量は、250GBしかなかったのですが、約16時間、かかってしまいました・・・(汗)。クイックでなく、本来の初期化を選択したためでもございます。)。

あと、以前の投稿(【今年も?】またWindows10が起動しなくなりました・・・。)でもお伝えさせていただきましたとおり、昨年末に壊れてしまいました「富士通 ESPRIMO FH77/HD」は、ハードディスクをSSDに換装していたのですが、PS3の売却に合わせ、換装前のハードディスクを破壊するためのサービスも申し込みました(この種のサービスは、「HDD破壊サービス」といった名称で、ソフマップというよりは、ビックカメラグループとして提供しておられます。)。

筆者のこれまでの投稿を御覧くださっている人におかれましては、何とはなしにでも、察しておられるかもしれませんが、Windows環境でハードディスクが読み書きできなくても、LinuxのようなUNIXベースのシステムでしたら、読み書きできてしまうリスクもございます(あるいは、専用の装置なら、読み書きできるかもしれませんし・・・(一抹の不安?)。)。

その点、ソフマップで提供されております「HDD破壊サービス」でしたら、受付から見える場所においてある専用の機械に入れて穴を開けてくださるので、非常に安心感がございます(つい先日のニュースで、ハードディスクの流出に関連するものがあったようにも記憶しております。物理的な破壊って、極めて重要であるように思います。)。

こちらにつきましては、破壊後のハードディスクを持ち帰っており、不燃ごみの日に処分する予定です(流石に破壊後のハードディスクの引き取りまではしておられないようです。)。

これで、筆者の室内は、様々な意味で(笑)、かなりすっきりしたイメージになりました(実は、年末の大掃除が終わっていなかっただけ?)。

結果的に、越年することになってしまいましたが、すっきりできたところで、4月3日(金曜日)の「バイオハザード RE:3」の発売を待ちたいと思います(筆者自身は、必ず買います!)。

では、また。

注1:「PlayStation」、「PS4」並びに「PS3」は、「株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント」の商標または登録商標です。

注2:「biohazard」、「BIOHAZARD」、「バイオハザード」は、「株式会社カプコン」が発売しているゲームソフトです。

タイトルとURLをコピーしました