【今頃?】「Days Gone」をクリアできました!

スポンサーリンク

こんにちは。

五黄土星のミカエルです。

ものすごく遅れ馳せながら、昨日、令和元年9月2日(月曜日)になって、標記のとおり、PS4のゲームソフト「Days Gone」をようやくクリアできました!

しかも、難易度「EASY」だけではなく、「NORMAL」まで、です。

筆者が「Days Gone」を購入し、プレイし始めた頃のことにつきましては、以前の投稿(【意志が弱い?】「Days Gone」を買ってしまいました・・・。 )を御参照いただければ、と思います。

今回は、この件につきまして、まとめてみたいと思います。

経過

上記投稿の中でもお伝えさせていただきましたとおり、難易度「EASY」なのに、スタート時点で何度も躓いてしまい、筆者自身、心が折れてしまっていたのですが・・・。

7月に入る頃から、少し要領が掴め、ミッションを少しずつこなしていくことができるようになりました(それでも、「襲撃キャンプ殲滅」というミッションのうち、ベルナップ洞窟の野盗を襲撃するミッションでは、近くにいる「大群」の乱入により、これまた何度もゲームオーバーになってしまっておりました・・・(笑)。)。

ただ、いわゆる「大群」につきましては、筆者は、押し寄せてくるフリーカーの勢いがものすごく怖くて、結局、銃を撃ちまくってフリーカーを退治する、というやり方ができず、アトラクターでフリーカーを集めてフラググレネードやナパーム火炎瓶等で数を減らしては逃げ、不安を感じないくらいの数になったら、銃で一掃する、といったやり方しかできませんでした(You Tubeで攻略動画を掲載されているゲーム実況者の人って、「ほんまに凄いな。俺には無理や。」と思います。逆に、筆者が五黄土星らしからず、怖がりすぎなのかも・・・?)。

7月中に難易度「EASY」をクリアできましたので、8月に入って、今度は、難易度「NORMAL」に挑戦し始め、上述のとおり、昨日、難易度「NORMAL」もクリアできた、という経過でした。

因みに、ミッションだけではなく、コレクションもすべて集めた完全クリアです(集めたり、揃えたりするのが好きなので・・・(笑)。)。

難易度「NORMAL」の方が「EASY」よりも難易度が低い?

筆者の気のせいかもしれませんが、難易度「NORMAL」の方が「EASY」よりクリアしやすかったような印象を抱いております。

実は、「賞金稼ぎ」というミッションのうちの最後に、アナーキストのスパイを追いかけるものがあるのですが、難易度「EASY」では、何度も失敗した挙句の果て、結局、完遂できず、ゲームによる親切で、「スキップしますか?」といった確認画面が出て、筆者は、スキップすることを選択してしまっておりました(お恥ずかしい話ですが・・・。)。

しかし、難易度「NORMAL」では、このミッションも、難なく完遂できたんです(雪辱)。

他のミッションでも、難易度「EASY」との主観的な比較ではございますが、完遂しやすい設定になっているような印象です。

クラフト素材の集め方(主に「大群スレイヤー」対策)

上述のとおり、筆者は、ゲーム終盤に登場する「大群スレイヤー」に取り組む際、アトラクターやナパーム火炎瓶等を多用しておりました(その直前のミッションで、ストーリーとしてのクリアのために必要なアイアンビュートランチ及び古い製材所の「大群」のためにも多用致しました。)。

ただ、アトラクターやナパーム火炎瓶等は、素材を集めて「クラフト」しなければならないのですが、筆者みたいに多用致しますと、すぐになくなってしまいます(「大群」を怖がりすぎ?)。

そんなときは、「クラフト」するための素材を集めないといけないわけですが、筆者は、ファストトラベルで行くことのできる拠点を転々とし、比較的効率よく集めておりました(ゲーム実況者の中には、拠点で仮眠し、時間を進める人もいらっしゃるようですが、筆者は、主人公を不眠不休にしてゲームを進めておりました(「働き方改革」をせなあかんかも・・・。)。)。

筆者がよく利用しておりました拠点は、下記のとおりです。すなわち、

  • オリアリー山(主人公の本拠地です。)
  • ホースレイク
  • カスケード電波塔(主として空き缶のためです。)
  • マリオンフォークス
  • ベアクリーク(アラーム時計専用です。)
  • ローグトンネル
  • ディアボーン(空き缶専用です。)
  • 古い製材所 ※ここまで、北部地域です。
  • カスケードレイク鉄道(空き缶専用です。)
  • ヴォルケーノレガシー
  • スプルースレイク
  • コミュニティカレッジ
  • ピレット橋 ※ここまで、南部地域です。

尚、ベアクリークにつきましては、キャンプの中ではなく、入り口の近くにあるテーブルの上に、アラーム時計等が置いてありますし、ローグトンネルにつきましても、NEROの検問所ではなく、近くのガソリンスタンドの中に、空き缶やアラーム時計等が置いてあります。

因みに、スプルースレイクの奥にあるトンネルにいる「大群」は、一旦、壊滅させても、また復活しますので、各キャンプの信頼度を上げるための「耳」集めにも利用できます(筆者の場合です。もしかしたら、壊滅のさせ方が違っていただけかもしれません。)。

また、上記いずれの拠点につきましても、取ってからすぐに行っても、素材は復活しませんので、「大群」を一つ退治したら、時間をおいてから取りに行く、という感じで、少し間を空ける必要がございます。

筆者のように、銃を撃ちまくって「大群」を一掃できないゲーマーにとりまして、一つの選択肢であるようにも認識させていただいております。

「Days Gone」のよくないところ

ここは、賛否の分かれるところかもしれませんし、そのポイントも様々かもしれませんね・・・。

筆者的には、下記のようなところが「Days Gone」のマイナスポイントです。すなわち、

  1. コントローラーが反応しないときがあること。
  2. 鹿とか熊やレイジャー、ブレイカーやスクリーマー、あるいは、野盗が現れるタイミングが不自然すぎること。

どちらも、完全に筆者の主観ながら、1.につきましては、全く反応しないときと反応するために要求される対象物との接触の判定が厳密すぎるときの両方がございます(「思いっきし下手っぴなお前に言われてもな・・・。」等の御批判を浴びてしまいそうですが・・・(汗)。)。

あと、2.につきましては、ゲームによる親切(余計なお世話?)と解釈することもできるのかもしれませんが、ファストトラベルをしたり、新たにミッションに入ったりするとき、ほぼ確実に、しかも、同じ場所に何度も現れるのは、筆者には、不自然としか受け止められなかったところです(「オープンワールドという設定なのに?」といったニュアンスです。)。

逆に、「Days Gone」でよく指摘されておりますバグですが、筆者は、全く気になりませんでした(天邪鬼?)。バグと思われる場面に遭遇致しましたが、どちらかと申しますと、面白かったです(「大群」に追い詰められた際、弾が当たっていないのに、フリーカーが画面から消えたりして、「これがあの有名な?」っていう印象でした(笑)。)。

バグは許せない、といった人につきましては、「Days Gone」はオススメできかねるようにも感じましたが、バグも含めてゲームを楽しめる人には「あり」な一面です。

まとめ

「Days Gone」につきましては、ストーリーだけではなく、適宜、チャレンジというテーマごとの個別的なイベントも追加されてきております。

筆者的には、上述のとおり、「大群」が苦手ですので、挑戦しようかどうか、迷っておりますが、腕に覚えのある方におかれましては、かなり没入できるのでは、とお見受けさせていただいております。

筆者と致しましては、9月7日(土曜日)、「大群」をベースにしたチャレンジが追加されるらしいので、それを見た上で、挑戦してみるかどうか、決めたいと考えております(今度は、建物の中で「大群」と戦うイベントになるそうで、筆者にとりましては、さらに一層恐怖心を煽られてしまいます。オープンワールドでも怖いのに・・・。)。

あまりに「大群」をテーマにしたチャレンジが怖すぎましたら、テーマがバイクとなっているものだけ、挑戦するかもしれませんし、あるいは、難易度「HARD」に挑戦するかもしれません。

いずれに致しましても、まだまだ「Days Gone」を楽しめそうです。

上述のとおり、不自然さやバグが気になってしまう人にはオススメできかねますが、そうではないようでしたら、オープンワールドをバイクで疾走するだけでなく、ストーリーに人間味があったりして面白いゲームですので、是非プレイしてみていただければ、と思います(筆者のように、若い頃、レーサーレプリカタイプのバイクで走っていた者から致しましても、心地よい爽快感がございます。)。

では、また。

注:この投稿に出て参ります機器、サービス、ゲームソフト等及びその名称は、各社の商標または登録商標です。

タイトルとURLをコピーしました