今年も、新年の御挨拶から始めさせていただきます。

スポンサーリンク

新年明けましておめでとうございます。

当ブログを御覧くださる皆様におかれましては、思い思いのうちに、幸先の良い年始を迎えられたものと心よりお慶び申し上げます。

筆者の方は、と申しますと、・・・。

実は、すっかりお留守になってしまっておりました「バイオハザード RE:3」を一生懸命頑張らせていただいておりました・・・(笑?or汗?)。

以前の投稿(【ようやく?】「バイオハザード RE:3」を購入しました!)でお伝えさせていただきましたとおり、昨年、令和2年8月に購入させていただき、難易度「ASSISTED」(爆)でプレイをスタートしておりました。

が、・・・。

元々、筆者の中で恐怖感が半端なかった下水道エリアに入ってすぐ、ハンターγに即死攻撃であります「丸吞み」をされてしまい、「どないしよう・・・(困惑)。」となってしまったところに、既に何度かお伝えさせていただいております千代田区への引っ越しが最優先事項となり、「バイオハザード RE:3」の方は、すっかり放置プレイになってしまったのでした・・・。

しかし、この年末年始、心静かに(ほんまか?)自宅で過ごすこととなりましたため、一念発起、再チャレンジすることに致しました。

当然、恐怖の下水道エリアからのスタートでしたが、またしてもハンターγに「丸呑み」をされ、あっけなくゲームオーバーとなってしまいました(恐怖のあまり、後先を考えられる余裕等あろうはずもなく、ハンターγが口を開けていようが閉じていようが、そんなことも判断できず、むやみやたらにアサルトライフルで撃ちまくった挙句、速攻で弾切れとなり、「装備を変えなあかんやん(焦り)。」等ともたついているところを「バクっ」っていう感じでした・・・(脱力感)。学習能力ゼロなん?)。

そこで、やむを得ず(えっ?)、PS Storeにて「BIOHAZARD RE:3 ゲーム内報酬全解放」というオプションを購入してしまいました(「無限ロケットランチャーあらへんかったら、俺には無理や(絶望)。」みたいな心境になってしまっておりました。)。

そこからは、ハンターγも一撃で退け、追跡者も怖くなくなりました(キャラクターがカルロスに変わっている間も、無限ロケットランチャーを使うことができます!)。

因みに、「バイオハザード RE:3」の追跡者は、こちらからの攻撃を素早く回避したりしよるんです(かなり小賢しい?)が、それも、無限ロケットランチャーの前では無意味です。追跡者がダウンし、先へ進めるようになってからも、その場に止まり、わざと位置を変えつつ、さらに撃ち込んでみたりして楽しむ余裕すらできました(五黄土星の性格の宜しくない面が・・・。)。

但し、クリアーまでの間に、1回だけ、追跡者が火炎放射器を武装している場面で、上述のような余計なことをしていて、普通のゾンビに噛まれてゲームオーバーになってしまったりも致しました(我ながら、「周りをよう見とかんかーい。」みたいな感じでした(笑)。)。

尚、プレイ時間は8時間を超えてしまっており、ランクはCでした(号泣?)。

まぁ、「Days Gone」の投稿の中でも記載させていただきましたとおり、筆者的には、アイテムやファイルを集めたり、揃えたりするのが好きな性格でもあったり致しますので、ゆっくり、また、まったりとプレイしたいところです。

したがいまして、今後の課題と致しましては、トロフィーを揃えていくところになろうかな、等と思ったりもしております(当然のことながら、制限時間以内にクリアーとか、アイテムボックスを1回も開かずに、とかいったものは除きます。負け惜しみとちゃいまっせ。どの武器で、ゾンビを何体倒したか、といったものを中心に揃えたいです。)。

難易度「ASSISTED」をクリアーしてみまして、やはりストーリーを含めつつ、そこからの「作り込み」の妙を感じさせるゲームという印象です(「Days Gone」とは逆に、逃げることのできない閉塞感から生まれる恐怖を上手に表現なさっておられるように感じました。)。

筆者自身、少しずつトロフィーを揃えていき、さらに「バイオハザード RE:3」を楽しんで参りたく思っております。

では、また。

注:この投稿に出て参ります機器、ゲームソフト、サービス並びにその名称は、各社の商標または登録商標です。

タイトルとURLをコピーしました