「練馬区プレミアム付商品券のご案内」なるものが届きましたが・・・。

スポンサーリンク

こんにちは。

五黄土星のミカエルです。

昨日、令和元年7月24日(水曜日)、練馬区より、標記のとおり、「練馬区プレミアム付商品券のご案内」というお知らせを頂戴致しました。

今回は、この件につきまして、簡潔にまとめてみたいと思います。

目的

令和元年「10月に行われる消費税率引き上げ」対策、とのことです。

「とうとう消費税率を上げられてまうんやな。」といった感触を体感できるようにも感じました。

尚、上記お知らせの発送時期につきまして、参議院議員選挙が終わったから、等と想像してみたりするのは、あまりにも穿った見方でしょうか・・・?

対象者

  1. 住民税非課税者
  2. 子育て世帯(平成28年4月2日(土曜日)から令和元年9月30日(月曜日)までにお生まれになったお子様を育てていらっしゃる世帯が該当するそうです。)

筆者の場合は、1.の住民税非課税者に該当することにより、上記お知らせが送られてきたことになります(筆者が住民税非課税となっておりますことにつきましては、以前の投稿(「特定療養費(指定難病)受給者証」の更新手続を行ないました。 )も御参照いただければ、と思います。)。

プレミアムの内容

1組5,000円の「ねり丸お買物券」(500円券10枚綴り」を4,000円で購入できる、とのことです。

微妙ですよね。筆者的には、ほとんど魅力を感じませんが・・・。使用できるエリアからして練馬区内に限定されているわけですし・・・。

一応、1枚の購入引換券で5組(25,000円分)まで購入できる、とされてはおりますものの・・・(困惑)。

因みに、「ねり丸」は、練馬区オリジナルのゆるキャラのことです(笑)。

使用できる期間

令和元年10月1日(火曜日)から令和2年3月31日(火曜日)まで、とのことです(但し、「ねり丸お買物券」そのものが販売されますのは、2月29日(土曜日)までです。)。

このような期間制限を設けてしまいますと、消費税率の引き上げ対策としての有効性だけでなく、商品券としての魅力もさらに減退してしまうのでは・・・?

手続

  1. 住民税非課税者:「練馬区プレミアム付商品券購入引換券交付申請書」を練馬区役所宛てに郵送しないといけません(最終申請期限は、令和元年12月27日(金曜日)です。)。
  2. 子育て世帯:手続は不要だそうです(9月18日(水曜日)以降、お子様の人数に応じた購入引換券が送られてくるそうです。)。

尚、購入引換券を入手後、郵便局や金融機関等で「ねり丸お買物券」を購入することになります。

まとめ

上述のとおり、筆者的には、魅力を感じておりません。申請してまで購入したいとは感じない、といったところです(「ねり丸お買物券」での買い物につきましては、おつりが出ませんので、必ず500円以上買い物をする必要がございます。余分なものまで買ってしまいそう・・・。現金と使い分ければよいのでしょうが、それはそれで、かなり面倒な印象が・・・。)。

ただ、子育て世帯におかれましては、手続も不要ですし、子育てそのものにも多大なエネルギーを注いでおられる上、何かと生活用品にお金がかかる、といった御事情等もおありかとも拝察させていただいており、是非有意義に御活用いただきたく思います(独身の筆者には、子育ての大変さが実感としては理解することができません。)。

他の市区町村につきましても、若干、細かいところでの相違はあるにせよ、同じような対策が行なわれることが想定されますので、消費税率の引き上げに対する生活防衛も含め、御自身や御家庭の状況に応じつつ、然るべく御対応いただければ、とも思っております。

では、また。

タイトルとURLをコピーしました