【トランプ大統領を支持、応援!】ドル建ての外貨定期預金を始めました!

スポンサーリンク

こんばんは。

五黄土星のミカエルです。

過日の投稿(【ようやく?】傷病手当金が無事に入金されました!)の中で、随分と長い間、留保され続けてしまいましたが、無事に傷病手当金を受給することができた旨、お伝えさせていただきました。

他方、筆者は、引き続いて、日本の同盟国となってくださっているアメリカ合衆国の大統領選挙の推移、経過にも重大な関心を抱かせていただいているところでございます。

そこで、筆者は、一念発起、トランプ大統領御自身はもちろんのこと、理性に裏打ちされた良識を持っておられ、トランプ大統領を支持、支援なさっているアメリカ合衆国の皆様も応援させていただきたいと思い立ち、標記のとおり、新たにドル建ての外貨定期預金の口座を開設させていただきました(ドルを購入させていただくのは、人生初です!)。

当然のことながら(笑?)、金額的には少ないです(涙)が、日本人、日本国民の多くがトランプ大統領を応援なさっており、筆者も、その姿勢に激しく賛同させていただいております。

日本からその気持ちを込めて、といった趣旨でございますので、金額の多寡ではないものと御理解いただけましたら、幸甚に存じます。

今更ながらでございますが、バイデン候補とアメリカ合衆国民主党が今回の大統領選挙で行なったものとも目されます数々の不正は、民主主義社会におきましては、決して許されるものではございません。

したがいまして、必ず全てが白日の下に晒されなければなりません。

また、「法の支配」という観点からは、トランプ大統領とトランプ大統領を支持され、御尽力くださっている弁護士の先生方が一つ一つ着実に、丁寧にステップを踏んでおられますところながら、このステップが有効に機能し、作用を及ぼし得る限界点を超えました後は、いわゆる「自然権」に由来するものとも解し得るでありましょう戒厳令も、選択肢の一つに入ってくるかもしれません。

この点、筆者は、トランプ大統領とトランプ大統領を支持なさっている弁護士の先生方、そして、この一連の活動、流れに理解を示してくださっているアメリカ合衆国の皆様には、結果を恐れず、最後まで戦い抜き、やり遂げていただきたいと思っております。

「法の支配」という理念とともに時を重ねて来られたアメリカ合衆国を中国の統治下に置くようなことは、決してあってはならないのではないでしょうか(これまでの流れを拝見する限り、また、数々の不正に対する解明に著しく非協力的であることから、お金に魂を売ったようにしか見えないバイデン候補を通じてのごく間接的なものであっても、です。こちらも、繰り返しになりますが、バイデン候補は、アメリカ合衆国大統領に就任なさりたいのであれば、まずもって、数々の不正に対する解明に協力を表明なさることでしょう。これが一貫した筆者の個人的な見解(or妄想?)になります。)。

大統領選挙以前からの流れ、そして、今回の大統領選挙における様々な不正等から容易に看取できますことは、バイデン候補とアメリカ合衆国民主党が行なっていることがアメリカ合衆国を中国の統治下に置こうとするものである、ということでしょう(日本から拝見する限り、バイデン候補とアメリカ合衆国民主党の行為は、御本人等の意図はともかくと致しまして、アメリカ合衆国を分断しようとするものにしか見えへんのですよね・・・(白目)。)。

日米同盟の一方の当事国であります日本の立場と致しましても、決して他人事ではございません。

ここは、何とかトランプ大統領とその支援者、支持者の皆様に御尽力いただきたいところですし、筆者自身、僅かながらではございますが、今回の外貨定期預金を通じて応援をさせていただきたく思っております(共和党政権である間、さらにドルを購入させていただくことはございましても、解約することはないつもりでおります。)。

重ね重ね繰り返しになってしまい、誠に恐縮ながら、筆者自身、今回の大統領選挙に纏わる一連の推移、経過につきまして、目を背けることなく、最後まで見守らせていただきます。

一個人と致しまして、依然として「正義」がアメリカ合衆国に残されていることを信じておりますし、そのようなアメリカ合衆国、また、トランプ大統領とともに、バイデン候補とアメリカ合衆国民主党によるものとも目される大統領選挙における数々の不正と戦っていらっしゃいますアメリカ合衆国の皆様には必ず「主のみ旨」がありましょうことも確信している次第です。

結果が出ましたら、トランプ大統領には、是非また日本にお越しいただきたいです。

多くの日本人、日本国民は、心より大歓迎致します。

その日を楽しみに、日々、応援させていただきます。

では、また。

タイトルとURLをコピーしました