アメリカン・エキスプレス®・カードをGETできました!

スポンサーリンク

おはようございます。

五黄土星のミカエルです。

今月、思うところがあり、筆者は、アメリカン・エキスプレス®・カードの申込をさせていただきました(誕生月やから?)。

その結果、標記のとおり、無事にアメリカン・エキスプレス®・カードが発行されました!

ゴールドではございませんが、それでも、言葉では表現し尽せないくらい、嬉しかったです。

何故なら、以前の投稿(iPhone 12 Pro Maxに機種変更して約1ヶ月となりましたが・・・。)でもお伝えさせていただきましたとおり、dカードの審査に落とされた(爆)経験があったからです。

もちろんのことながら、契約社員でしかない筆者の属性に鑑みますと、致し方ない結果でもございました。

然るに、今回、アメリカン・エキスプレス®の審査には通ったわけなんです。

ここで、筆者なりに経過をコンパクトにまとめさせていただきますと、下記のとおりになろうかと思います。すなわち、

  • オンラインでの申込でした。
  • 契約社員であること、勤務先の税理士法人との間の雇用契約書に定められた年収等、筆者の属性に関する情報につきましても、正直に入力しました。
  • 1分程度のスピード審査の完了後、「審査には通常10日間ほどかかります」というお知らせが出ました。
  • 翌日、「お申し込み時のご入会特典について」というメールをいただきました。
  • オンライン申込から4日後、いきなり本人限定受取郵便(特定事項伝達型)としてクレジットカードが届きました(いわゆる「Welcome To Amex!」のメールはございませんでした。)。
  • 勤務先の税理士法人への在籍確認の電話連絡はございませんでした。

如何でしょうか。

クレジットカードの申込や審査等に対するインターネット上の情報と致しまして、よく指摘されております、日本とアメリカ合衆国における審査の考え方や方法等の違いは、やはり現実にあるようです。

日本におけるクレジットカードの審査の考え方や方法の結果と致しましては、筆者の場合におけるdカードを参考例として挙げることができるようにも思われます。すなわち、信用情報機関に登録されている過去の情報を重視する、といった姿勢ですよね。

その一方、アメリカン・エキスプレス®の審査の考え方や方法は、如何にもアメリカ合衆国らしいものであるように受け止めることができようかと思います。すなわち、信用情報機関に登録されている過去の情報を参照しつつも、現在、あるいは、将来の見通しや可能性を織り込んだ上で信用を供与する、といった姿勢です(上述のiPhone 12 Pro Maxの分割払いにつきまして、これまで延滞したりしておりませんので、審査としての評価上、そのよう部分も考慮してくださったのかもしれませんが・・・。)。

筆者的には、この差は、想像できる範囲を超えて大きいように感じた次第です(アメリカ合衆国が潜在的に保有している底力の真髄の一端を見せていただいたような思いでもございます。)。

過去に囚われている限りは、やはり日本は、どこまでもアメリカ合衆国と対等の立場に立つことができない、といったことも十分に理解できました。

因みに、利用可能額でございますが、こちらも、日本のクレジットカードと異なり、カードが発行された時点におきましては、決められていないようです(この辺りも、アメリカ合衆国的といったことなのでしょうか?)。

尚、クレジットカードとして利用したい金額を入力の上、利用可能額を確認できるページがございますので、筆者も、試させていただきました。

すると、・・・。

10万円でしたら、利用させていただくことができるようです(笑?)。

当ブログを御覧くださる皆様から御覧になられますと、少ないように思われるかもしれませんが、今の筆者にとりましては、ありがたい金額であるように思われます(現在のところ、アメリカン・エキスプレス®・カードを利用させていただきたい目的と申しましたら、大阪への帰省費用くらいですし・・・。とか申しつつ、目的が増えるかも?)。

あまり無茶な利用の仕方はせず、大切に利用させていただきたく考えております。

以上、契約社員ということで年収も低く、クレジットカードの申込や審査における「属性」と致しましては、必ずしも良好ではない筆者のケースを御紹介させていただきました。

普通にお仕事をなさっておられ、かつ、収入がおありであるにも拘らず、もし、日本のクレジットカードに申込をなさっても、審査に通ることが難しい状況等にいらっしゃるようでしたら、一度、アメリカン・エキスプレス®・カードも御検討になってみられては、とも思います。

アメリカン・エキスプレス®・カードにつきましては、またお伝えさせていただくべきことが生じましたら、改めて投稿させていただきます。

では、また。

注:アメリカン・エキスプレス®、ないし、アメリカン・エキスプレス®・カードは、American Express International, Inc. の商標、もしくは、登録商標です。

タイトルとURLをコピーしました