「OCN v6アルファ」の接続方法を変更しました。

スポンサーリンク

おはようございます。

五黄土星のミカエルです。

しばらく間が空いてしまいましたし、また、筆者自身も、そんなに気にもならなくなってしまっておりましたが、この週末、標記のとおり、「OCN v6アルファ」の接続方法を変更してみました。

今回は、この件につきまして、まとめてみたいと思います。

きっかけ

先週、平成31年3月27日(水曜日)、パソコンでインターネットからあるファイルをダウンロードする機会がございました。

筆者は、いつものように何ということでもなく、ダウンロードの様子を眺めていたのですが、ふと気付いたことがございました。そうなんです。あまりにも遅すぎる、ということです。

確かにファイルのサイズも大きかった(6GBくらいでした。)のですが、それにしても、1時間半以上かかる、って遅すぎひん?

以前の投稿(「OCN v6アルファ」のせい・・・? )で、接続に関する疑問を抱いたことはございましたが、今回、それとは異なる問題があるようにも見受けられました。

そこで、筆者は、この辺りで、一度ネットワーク環境を見直してみる必要性を感じた次第です。

変更前

環境

因みに、上述の異常な低速が見られた時点におけるネットワーク環境と致しましては、基本的に、無線LANによる接続としておりました。具体的には、下記のような接続方法でした。すなわち、

  1. パソコン(富士通 ESPRIMO FH77/HD):IEEE 802.11g(2.4GHz)
  2. 家庭用複合機(ブラザー MFC-J980DN):IEEE 802.11g(2.4GHz)
  3. iPhone6s Plus:IEEE 802.11ac(5GHz)
  4. PS3(笑):IEEE 802.11g(2.4GHz)

状態

上記環境におきまして、パソコンで速度を測定してみましたところ・・・。

40Mbpsくらいしか出ておりませんでした・・・(涙)。

思わず「ゼロ1個違うんちゃう?」っていうツッコミを入れてしまいました。

こんなに遅いスピードなら、「OCN v6アルファ」に切り替えたメリットを全く享受できていないことになります。

どこかに問題があるはずですので、今回、それを何とか解決してみたいと思いました。

変更後

見直しの内容

各機器のスペックの確認(ネットワーク関連)

パソコン(富士通 ESPRIMO FH77/HD)
  1. 無線LAN:IEEE 802.11b/g/n準拠
  2. 有線LAN:1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠
家庭用複合機(ブラザー MFC-J980DN)
  1. 無線LAN:IEEE802.11b/g/n準拠
  2. 有線LAN:100BASE-TX/10BASE-T準拠
iPhone6s Plus
  1. 無線LAN:IEEE802.11ac準拠
  2. 有線LAN:該当なしです。
PS3
  1. 無線LAN:IEEE 802.11b/g準拠
  2. 有線LAN:1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠

今更かい、っていう雰囲気満載ですが・・・。

改めてこのように確認してみますと、現在の無線LANの規格に追い付いているのは、iPhone6s Plusだけですよね(古いパソコンやPS3をいつまで使うつもりやねん、といったツッコミは御勘弁願います(笑)。)。

これは、すなわち、筆者が使用しております機器構成からは、「OCN v6アルファ」を無線LANで接続している環境で利用していても、その想定されるべき性能を享受することが難しいことを意味しているようにも感じました。

必要な部材の調達

逆に、有線LANによる接続ならば、ベストエフォートであるに致しましても、最大1Gbpsの速度に対応できそうに思われました。

そこで、筆者は、この週末、ヨドバシカメラに行き、LANケーブルを購入して参りました(こんなときだけ、行動が早い?)。

因みに、今回、購入しましたLANケーブルは、すべてエレコム製のカテゴリー6Aのもので、下記のとおりと致しました。すなわち、

  1. 専用ルーター用:LD-GPAYC/BU015(0.15m)※これだけスリムタイプではございません。
  2. パソコン(富士通 ESPRIMO FH77/HD)用:LD-GPASS/BU7(7m)
  3. 家庭用複合機(ブラザー MFC-J980DN)用:LD-GPASS/BU2(2m)
  4. PS3用:LD-GPASS/BU7(7m)

尚、パソコン用及びPS3用を7mに致しましたのは、部屋の中央をLANケーブルが横切らないようにするためです(この場合は、机とセットになっている椅子がLANケーブルを踏んでしまう可能性のあるレイアウトになってしまい、非常に宜しくないように考えました。)。

また、専用ルーター用だけ、ものすごく短いですが、これは、ひかり電話対応機器の隣に設置するためで、0.3mでも長いのでは、と考えたからです(実際には、隣に設置致しましても、コネクタの位置関係は、ひかり電話対応機器が上で、専用ルーターが下となっており、0.15mでは足りませんでした(大失敗)。結果的に、専用ルーターをひかり電話対応機器の上に乗せる形になりました。まぁ、結果オーライとかいうものです。)。

あと、最大1Gbps対応ということでしたら、カテゴリー6でもよかったのですが、価格が意外にも安かった(笑)ので、オーバースペックと思いつつ、カテゴリー6Aのものを選択してしまいました(ドコモ光が最大10Gbps対応になるのは、いつなんでしょうね・・・。)。

動作確認

配線そのものは、何ということもなくできてしまいました。一般企業に在職中、このような作業をよく行なっておりましたので、ある意味、手慣れた作業でした(五黄土星らしく自画自賛?)。

そして、一応、動作確認も行なって、こちらも、特に異常も見当たらず、無事に完了となりました(念のため、一旦、ひかり電話対応機器と専用ルーターの電源を落としました。)。

因みに、各機器で行ないました動作確認は、下記のような内容でした。すなわち、

  1. パソコン(富士通 ESPRIMO FH77/HD):Wi-Fi接続を切り、有線LANを有効にしました。
  2. 家庭用複合機(ブラザー MFC-J980DN):同上です。※同時利用はできない仕様です。
  3. iPhone6s Plus:該当なしです。
  4. PS3:「設定」→「ネットワーク設定」→「インターネット接続設定」に入り、接続方法を「無線」から「有線」に変更した後、「インターネット接続テスト」を実行致しました。

環境

今回の見直しの結果、筆者のネットワーク環境は、下記のとおりとなりました。すなわち、

  1. パソコン(富士通 ESPRIMO FH77/HD):有線LAN(1000BASE-T)による接続
  2. 家庭用複合機(ブラザー MFC-J980DN):有線LAN(100BASE-TX)による接続
  3. iPhone6s Plus:IEEE 802.11ac(5GHz)によるWi-Fi接続 ※変更なしです。
  4. PS3:有線LAN(1000BASE-T)による接続

結果

早速嬉しがって、パソコンで速度を測定してみました。

すると・・・。

400Mbps以上出ておりました!

「ほんまにゼロ1個違ってたんかい!」って思ってしまいました・・・。でも、よかったです。

ようやく、「OCN v6アルファ」本来のメリットを享受できそうです。

ただ、PS3でも速度を測定してみましたところ、やはりよくても50Mbpsくらいまでしか出ませんでした・・・(遅いケースでは、20Mbpsくらいのときもございました・・・(涙)。)。理由は分かっておりませんが、こちらにつきましては、速度に拘る必要もございませんので、このままにしておこうと考えております。

これからの流れ

どうしても部屋の壁際にLANケーブルが這いずり回ってしまっており、多少ではございましても、気にはなってしまいます。

やはり時機を見て、新しいパソコンに買い替えなあかんのでしょうね・・・(涙)。今は、とても無理ですが・・・。その際には、家庭用複合機も、高速な無線LANに対応できるような機種に買い替えることになろうかとも思います(あるいは、1000BASE-Tの有線LANに対応可能な機種にするかもしれません。これが意外に少ないようで、新たな頭痛の種になりそうです・・・(汗)。)。

それに、PS3につきましても、PS5(仮称?)が発売されましたら、買い替えることになるような気が致します(PS3は、バイオハザード専用機として残すかもしれませんが・・・(笑)。)。

まとめ

今回の見直しによって、一旦、筆者なりに納得できるネットワーク環境になったようにも自己満足しております。平成31年4月から始まる新しい年度を気持ちよくスタートできそうです。

ある一定のラインを超えるような状況になりましたら、やはり見直しに踏み切ることも大切であるようにも感じました。

筆者の場合は、上記「これからの流れ」で記載させていただきましたようなことは、訴訟の推移、経過、もしくは、結果との兼ね合い等もあり、すぐに実行できるようなことでもございませんが、どこかのタイミングで実行せざるを得ないようにも考えております(お金がかかることですので、なるべく長い間、使用することのできる選択を致したいとも考えております。)。

当ブログを御覧くださる皆様におかれましても、御自身の環境、状況、あるいは、将来の見通しといった様々な事情に応じ、適宜、適切に御判断され、快適なネットライフをお送りいただきたいと思います。

では、また。

タイトルとURLをコピーしました