【困惑】Windows10が起動しなくなり・・・。

スポンサーリンク

こんばんは。

五黄土星のミカエルです。

標記の事象に見舞われたこともあって、久しぶりの投稿になってしまいました・・・(注:表現の統一等のため、必要な修正をさせていただき、再投稿させていただいております。)。

今回は、この件につきまして、まとめておきたいと思います。

きっかけ

先週の日曜日(平成30年8月19日)、出かける前に、すぐ帰ってくるつもりで、パソコンの電源を入れたのですが、急に気が変わり、帰宅するまでに時間がかかるかもしれへんから、といった軽い気持ちで、パソコンが立ち上がる前に、直接、電源を落とし、そのまま外出しました。

症状

その日の帰宅後、いつもの感じでパソコンの電源を入れたのですが、いつものようには立ち上がりませんでした。そして、自動修復の画面が出て来る事態となりました。

この場合、復元ポイントをきちんと残しておけば、特に問題なく、復元できたかもしれないのですが、筆者は、こまめにハードディスク内をクリーンアップする癖があり、復元ポイント等も含め、削除できるファイルにつきましては、定期的にすべてクリーンアップしてしまっておりました。

そのため、復元ポイントからの復元という選択肢がありませんでした。

また、上記のような几帳面さとは全く裏腹に、回復ドライブやシステム修復ディスクの作成をしていなかったんですよね・・・(気楽といえば気楽なわけですが、このような事態に直面することになる可能性を全く考えておりませんでした・・・(笑)。)。

したがって、これらの手段による復元という選択肢もない状況に陥りました・・・(汗)。

そして、最後の手段となるはずの、富士通のパソコンに内蔵されているリカバリー機能からの復元でしたが、購入時と区画(パーティションのことと思われます。)が異なっている、という趣旨のエラーメッセージが出て、復元作業には進むことができない状況でした。

結果、症状としましては、自動修復の試み、PCの診断、ディスクのチェックくらいしかできず、Windows10を起動することのできる状態ではなくなっておりました。

試みたこと

ハードディスクからのデータの取り出し

筆者としましては、最悪の事態に備え、これまでの間に作成した様々な資料、入手したデータ等をハードディスクから取り出しておきたい、という思いが最優先のものとしてありました。

そこで、Windowsがだめなら、Linuxで何とかならないか、という考えで、書店に走り、DVDから起動することのできるUbuntuが収録された雑誌を購入し、試してみることにしました。

自宅に戻り、DVDからUbuntuを起動してみますと、Windows10が起動しないながらも、ハードディスクの内容を確認することができ、うまくいきそうな手応えを感じました。

そこで、今度は、家電量販店に行って、ハードディスクから取り出したデータをバックアップするためのUSB接続の外付けのハードディスクを購入し、自宅に戻り、早速、データを取り出すことができるかどうか、試してみました・・・。

結果、うまくハードディスクから必要なデータを取り出すことができました(但し、後先のことを考えず、プログラム関連のフォルダも取り出すことにしたため、ものすごく時間がかかってしまいました・・・。)。

Windows10を起動することのできるメディアの作成

しかし、この段階では、何等の解決にも至っていないことは明らかです(Windows10が起動しない限り、これまでどおりのパソコンライフは戻ってこないわけですから・・・。)。

そこで、今度は、Windows10を起動することのできるメディアの作成に取り掛かりました。

試したことは、下記のとおりです。

  1. Ubuntuを利用し、Windows10のISOファイルをダウンロードし、ブータブルUSBドライブを作成する。
  2. PS3を利用し、上記と同じ試みをする(今時、PS3って・・・。)。

が、いずれもうまくいきませんでした・・・。Ubuntuの方は、作成まではできたのですが、USBドライブを選択してWindows10を起動させようとする段階で、エラーが出てしまい、その先に進むことができない結果となりました。また、PS3の方は、ダウンロードはできるのですが、その後、自動的にISOファイルをUSBドライブに展開しようとする段階で、エラーが出てしまい、そもそも作成自体ができませんでした。

ここまでのところで、筆者は、手持ちのツールでのWindows10を起動することのできるメディアの作成を諦めました(というよりも、諦めがつきました(笑)。)。

富士通へのリカバリーメディアの注文

次に、筆者は、今頃になって、という感がありながらも、富士通にリカバリーメディアを注文しました。何度手間になるか、分かりませんが、購入時の状態に戻すことができる手段を確保しておきたい、といった思いで、一も二もなく注文してしまいました・・・。

ネットカフェの利用

富士通からリカバリーメディアが届くまでには、相当の日数を要することになりそうでしたので、筆者は、ここに至り、その間にネットカフェを利用し、パソコンを借りて、Windows10を起動することのできるメディアの作成をすることにしました(実は、筆者は、今まで一度もネットカフェを利用したことがなく、精神面でのハードルが非常に高かった場所になります・・・(汗)。)。

尚、東京都の場合、ネットカフェでパソコンを利用するためには、会員登録の際、身分証明が必要だそうで、ここで、筆者は、悩みました(五黄土星のくせに、結構詰まらないことで悩んでしまうのですが、今回は、迂闊に個人情報をばらまきたくない、といったところです。)。

インターネット上で公表されている評判やレビュー等を参考に、今回、検討したネットカフェは、下記のとおりでした。

  1. CUSTOMA CAFE 池袋西口店
  2. Dice 池袋北口店
  3. Hailey’5 Cafe 池袋店

筆者自身、とりわけ拘った条件は、「通常の部屋も完全個室であること」と店舗網でした。と言いますのも、今回、目先のこととしましては、ネットカフェにあるパソコンを利用させていただき、Windows10を起動することのできるメディアを作成したい、といった目的だけなのですが、上述のとおり、個人情報を提供して会員登録をする必要があるわけでして、折角のことなら、万一の時、仕事でも利用しやすい立地に店舗があるところがいい、といった思いも強くなった次第です。

この点、CUSTOMA CAFEは、通常の部屋も完全個室であることに加え、八重洲や赤坂にも店舗があり、現在の筆者の状況からしますと、いいところに店舗があるなぁ、という結論に至り、今回、CUSTOMA CAFE 池袋西口店で会員登録をすることに決めました。

結果

そして、昨日、平成30年8月25日(土曜日)、CUSTOMA CAFE 池袋西口店に行き、会員登録をし、早速、パソコンを利用させていただき、Windows10を起動することのできるメディアを作成し、自宅に戻って実行してみました。

すると・・・。

無事にWindows10をインストールすることができて、起動することもできました・・・(涙)。

あとは、少しずつ以前の状態に戻していく作業を残すのみです(のみ・・・?もしかしたら考えが甘いかも・・・。)。

まとめ

今回、筆者は、詰まらないきっかけで、Windows10が起動しない状況に陥ってしまい、ものすごく手間暇を要することになってしまいました。

こんな事態に至ってしまう人は、ほとんどいないのではないか、とも思いますが、万一のために、回復ドライブやシステム修復ディスクを作成され、また、復元ポイントにつきましても、必ず作成し、確実に残しておかれることを強くお勧めさせていただきます。

Windows10がただ起動するだけのことが、こんなにも大変なことなのか、と改めて思い知らされた次第です。

これに懲り、筆者自身、パソコンの利用に慣れているつもりで、大切なことをないがしろにしないように気を付けたいと考えております。

タイトルとURLをコピーしました