【iOS 13】2週間ほど使用しましたが・・・。

スポンサーリンク

こんにちは。

五黄土星のミカエルです。

先月、標記のとおり、iOS 13が公開され、筆者も、嬉しがりみたいに受け取られかねないところでございますが、速攻でiPhone6s Plusにインストールさせていただき、2週間ほど経過致しました。

筆者自慢のiPhone6s Plusではございますが、iOS 13の対象機種と致しましては、最も古い機種となってしまい、動作が心配でしたが、現状、問題なく動いております(いわゆる「人柱」の任務に成功?)。

インストールする前は、「めっちゃ『カクつく』んとちゃうか?」とか「動かへんアプリあるんとちゃうか?」等と考えておりましたが、被害は、それほど大きくはございませんでした。

「カクつく」かどうかにつきましては、筆者自身は、ほとんど感じておりません(年やから、関係あらへん?)。

尚、メールボックスの「ゴミ箱」からの削除の際、ワンステップ余分にかかるようになったように感じること、Arcadeというサービスが新たに追加されたことに伴って、App Storeにおけるアップデートの仕方が変更になった(「アカウント」という画面でアップデートを行なうことになった)こと等につきまして、多少ではございますが、面倒になったような印象は受けております(メールボックスにつきましては、前回終了時のボックスが開かないことにつきましても、若干、違和感は感じております。)。

因みに、ダークモードにつきましては、筆者の好みではなく、使用しておりません(笑)。

ただ、アプリにつきましては、明暗が分かれました。すなわち、

  • 明→iOS 13.1へのアップデートで回復したアプリ:「WeekCal」
  • 暗→廃止され、もしくは、廃止されないものの、動作しないアプリ:「税務インデックス」

「WeekCal」につきましては、当初、かなり焦りました(ほんまに「人柱」になってしもた?)。「週間スケジュールをバーチカル表示で見たい」ことへの筆者の飽くなき拘りの象徴でございますので、「動かへんとか、あり得へんし。」くらいに焦りました。

週間スケジュールをバーチカル表示できるアプリが他にないかどうか、App Storeで色々と探してみましたが、ほとんど出て参りませんでした。一応、候補にできそうなアプリもございましたが、「WeekCal」に比べますと、見劣りしそうな印象でもございました。

そうこうしているうちに、幸いなことに、すぐにiOS 13.1が公開されて、これをインストール致しましたところ、動くようになって、筆者も、一安心となりました(その後、「WeekCal」自体も、アップデートが実施されましたし、結果オーライ?)

週間スケジュールをバーチカル表示できるアプリで、優秀なものが少ないため、こちらは、本当によかったです(筆者的には、これだけでも大成功という思いです。)。

「税務インデックス」につきましては、残念至極としか申し上げられないですね(アプリの代金にしては、かなり高かったのに・・・(涙)。)。

因みに、平成28年度版及び平成29年度版につきましては、App Storeからも抹消されており、平成30年度版につきましては、今日現在、App Storeで販売されている状況ながら、動作しないまま、かつ、アップデートもされないままです(時折、過年度における改正等も確認したいことがあるんですよね・・・。)。

結局、直近の令和元年度版だけしか動作しない状況です。

「税務インデックス」は、税務研究会が販売しているアプリですが、様々な面で、どうやら非常に脆弱なようです。あまり信用しない方がよさそうかなと・・・。

筆者は、一応、税理士事務所の職員ということ、また、ファイナンシャルプランナーであるということから、「税理Pro」や「FP手帳」といったアプリもインストールさせていただいてはおりますが、これらのアプリは、全く問題ございませんでした。

やはり税務研究会としてのアプリ開発力、ないし、体制、もしくは、センスや企業としての姿勢の問題なのかな、とも受け止めさせていただいております。

上記のトラブル以外、筆者自身は、経験はしておらず、環境と致しましては、まずまず良好と評価できると思います。

『生活防衛』ということもあり、また、5Gへの対応が未定ということもあって、iPhone6s Plusにつきましては、まだ買い替える必要はなさそうで、今の筆者には、ものすごくありがたいことです(国民健康保険料のことで既に頭がいっぱい?)。

新しいiPhoneにつきましては、当初、想定されていたよりは、販売が好調のようなニュースも拝見致しますが、筆者のような庶民は、壊れてしまったり、仕様等に重大な変更が加わり、あるいは、対象機種から外れてしまったりしない限りは、大切に使い続ける方が時宜に適っているようです。

人により、所有しておられる携帯電話・スマートフォンの機種や御利用状況、その他の事情は正に様々で、考え方、購買意欲や実際の行動等も異なって参りましょうが、是非御自身にとりましての最適解を見つけられ、快適なモバイルライフを楽しんでいただきたいと思います。

では、また。

注:この投稿に出て参ります機器、システム(OS)、サービス、アプリ等及びその名称は、各社の商標または登録商標です。

タイトルとURLをコピーしました